脱毛後が肝心!肌のお手入れの仕方

刺激を与えないのが基本

どのような脱毛を行ったにせよ、肌の表面には少なからずダメージが残っています。その状態で新たな刺激を与えてしまうと、炎症が長引いたり、跡が残ったりする場合があります。そのため、お風呂に入って肌をきれいにしたいなら、熱い湯船に浸かるのは避けておきたいです。ぬるま湯かできればしばらくはシャワーを浴びるようにしましょう。その時も強い水圧が当たらないようにしておくのが無難です。もしも火照りが取れないようであれば、冷やしたタオルを肌に当てておくのも良い方法です。
それから、紫外線に当たらないように気をつけるのも忘れてはいけません。刺激に敏感になっているところに、太陽光を浴びてしまうと、シミになるかもしれないからです。きれいになった肌を守るためには、長袖を着るようにしたいものです。

しっかりと水分補給をするのも大切

ダメージを受けた肌は、水分が蒸発しやすくなっていることが考えられます。そこでいつもよりも入念に保湿を行うようにしましょう。決して値段の高いものを選ぶ必要はありません。むしろもったいないからと思い切って使えないのでは意味がないですから、無理なく買えるものを選ぶと良いです。そして、肌にたっぷりと塗り込んだら、保湿クリームなどで蓋をしてやり、乾くのを防ぎます。
コットンなどに化粧水を染み込ませ、それを肌にのせてしばらく放置しておくのも効果的です。万が一化粧水を塗った時に痛みを感じるなら、まだ炎症が残っている可能性が高いです。その場合は軟膏を塗っておき、それでも改善しないなら脱毛を行ったところに相談します。